最近「え、この作品、英訳あるの?」と驚いたのが尾崎翠の「第七官界彷徨」。

「MONKEY」(英語版のほう)vol.1の巻末には、「Why hasn't this been translated?」という名の、未訳の日本文学について数人の翻訳家が紹介するコーナーがある。ここで尾崎翠第七官界彷徨」が取り上げられているのだが、公式サイトから目次だけを見た場合、未訳だと思ってしまうのは自然ななりゆきだろう。しかしこれ、紹介者も言明している通り、書籍のかたちで刊行されていないだけでReview of Japanese Culture and Societyという学術誌の27号(2015)に全体が訳出されている。だからこのWandering in the Realm of the Seventh Senseについては、「Why hasn't this been published?」と言っているにひとしいわけである。

筆者のちょっとしたリサーチに基づくと、たとえば左川ちかといった書き手であればModernismというタームを足がかりとして、近年ある程度英語圏の大学の日本研究の授業のテキストなどでも使用されてきているような様子。